1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称あかいぼうたほうとう
閼伽井坊多宝塔
指定国指定
市町下松市区分重要文化財時代室町時代
一般向け
説明
 下松市末武の閼伽井坊境内にある。多宝塔とは、下重は方形、上重は円形平面になっていて、頂上に相輪をもつ二重塔をいう。下重と上重の接するところに亀腹という漆喰塗りの丸く曲がった部分があり、多宝塔としての特徴を示している。
 この塔は下重の一辺は3.95m、相輪頂上までの高さは13.5m、こけら葺きの建物で全体的に細い木組で形状を美しく整えている。なかでも上重円形のところの木組は複雑で美しく、日本建築ではほとんど見ることのできない、多宝塔に特徴的な円形の構造が一種独特の美しさを見せる。
 当初、この塔の創建年次は不明であったが、1928年(昭和3)に解体修理をしたとき建立年代を考える資料となる永禄二年(1560)の墨書のある木片が発見され、その建築年代は16世紀中頃、室町時代末期とされている。
小学生向け
説明
 下松市の閼伽井坊の境内にあります。室町時代につくられた建物です。一階部分の一辺は約4m、相輪頂上までの高さは13.5mあります。この塔は細い木組で形を美しく整えています。日本の建築物では、円形の構造はほとんど見られませんが、多宝塔にかぎり円形があります。
画像<閼伽井坊多宝塔>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図<閼伽井坊多宝塔>アイコン画像(地図表示リンク)
QR
閼伽井坊多宝塔(QRコード)
映像<閼伽井坊多宝塔>アイコン画像(動画再生リンク)

ページトップへ